はやりの健康食品

他にも、スーパーフードと呼ばれる外国からもたらされた健康食品も、若い人々の間でブームを起こしています。スーパーフードとは「栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること、あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。一般的な食品とサプリメントの中間に来るような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。」と日本スーパーフード協会により定義されています。

同じく日本スーパーフード協会では、スピルリナ、マカ、カカオ、ココナッツ、アサイー、カムカム、チアシード、ブロッコリースーパースプラウト、クコの実、麻の実の全10種類の食品を特に重要と位置づけ推奨しています。
カカオ、ココナッツなどはスーパーでも販売しているため、気軽に食生活に取り入れられます。

以上のようにとても健康に大きく関与している食事ですが、同じくらい重要な要素があります。運動です。30代を過ぎて基礎代謝が低下してくると、消費カロリーが減少して今までと同じ食生活を送っているはずなのに体重が増えてしまうことがあります。そのような場合に、食事制限だけでダイエットを行おうとすると、味気ない食事になっていしまったりストレスからドカ食いに恥ってしまったりして、逆に不健康な状態に陥ってしまう可能性もあります。これを防止する意味でも、食事制限だけでなく運動も併せて行うことが推奨されます。